悪い歯並びの症状

本橋歯科医院・もとはし矯正歯科 吉祥寺口腔インプラントセンター >> もとはし矯正歯科 >> 悪い歯並びの症状

悪い歯並びの症状

矯正治療を受けられる患者さまによく見られる、代表的な悪い歯並びの症状をまとめました。
それぞれが単独で起こる症状もあれば、出っ歯と叢生など複数の症状が見られることもあります。
気になる症状がありましたら、お早めに矯正専門医にご相談されることをおすすめいたします。

出っ歯

出っ歯

出っ歯は上顎前突とも言い、下顎より上顎が前に出ている症状です。
指しゃぶりや爪かみなど、日常の悪い癖が原因になることがあります。

すきっ歯

すきっ歯

歯と歯の隙間が開いている症状で、空隙歯列とも言います。
聞き取りにくい発音になったり、虫歯や歯周病にかかりやすくなったりします。

受け口

受け口

上顎より下顎が前に出ている症状で反対咬合とも言います。
出っ歯同様、日常生活の悪い癖が原因になることがあります。

叢生

叢生(そうせい)

叢生とは歯の並びがでこぼこになっている症状です。
顎の大きさに合わない歯が並ぼうとする際によく見られます。

開咬

開咬(かいこう)

奥歯は噛み合っているのに、前歯が噛み合わない症状です。
話すときや物を飲み込む際に、舌を突き出す癖がある方によく見られます。


矯正歯科 治療メニュー

ページトップへ

本橋歯科医院・もとはし矯正歯科 吉祥寺口腔インプラントセンター
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-36-2
TEL:0422-21-0651 吉祥寺駅 徒歩5分


Copyright © 本橋歯科医院・もとはし矯正歯科 吉祥寺口腔インプラントセンター. All Rights Reserved.