小児矯正と成人矯正

本橋歯科医院・もとはし矯正歯科 吉祥寺口腔インプラントセンター >> もとはし矯正歯科 >> 小児矯正と成人矯正

小児矯正

子供の歯(乳歯)から大人の歯(永久歯)が生えそろうまでの成長期(乳歯列期、混合歯列期)が対象となります。
永久歯が生えそろう前であれば、大半が子供の成長力を利用することによって抜歯をせずに治療が行えますので、お子様の歯並びが気になる方は早期にご相談をいただければと思います。

この時期に矯正治療を開始した方が良いと考えられる咬み合わせの異常と矯正治療は、次のようなものが挙げられます。

上下顎の顎間関係の不調和が大きい事が原因となっている骨格的異常
顎の成長をコントロールする矯正装置を用います。
歯の不正が原因となり、咬み合わせがズレてしまう機能的異常
問題となる歯を動かす矯正装置を用います。
指しゃぶりや弄舌癖が原因となっている咬み合わせの異常
悪習癖の除去を図る矯正装置を用います。

それぞれの患者様により、咬み合わせの異常の原因と適切な治療開始の時期は様々です。

小児矯正の症例

小児矯正1 矢印 右 小児矯正2
小児矯正3 矢印 右 小児矯正4

成人矯正

成長期がほぼ終了した永久歯列期が対象となります。
歯列の拡大や奥歯の後方移動を用いて歯を並べていく非抜歯治療と、歯を数本抜いて歯を並べていく抜歯治療があります。

どちらの方法を用いるのがベストな治療かは、それぞれの患者様の咬み合わせの状態により様々ですので、ぜひ一度ご相談ください。


成人矯正の症例

成人矯正1 矢印 右 成人矯正2
矢印 下
成人矯正4 矢印 左 成人矯正3

矯正歯科 治療メニュー

ページトップへ

本橋歯科医院・もとはし矯正歯科 吉祥寺口腔インプラントセンター
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-36-2
TEL:0422-21-0651 吉祥寺駅 徒歩5分


Copyright © 本橋歯科医院・もとはし矯正歯科 吉祥寺口腔インプラントセンター. All Rights Reserved.