インプラント治療とは

本橋歯科医院・もとはし矯正歯科 吉祥寺口腔インプラントセンター >> 吉祥寺口腔インプラントセンター >> インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラントとは、口腔内の骨に人工の歯根を作り、その上に新しい歯を作るという方法です。

入れ歯の様に歯肉に義歯を乗せるだけの方法と異なり、使わない顎骨がやせ細るという心配も無く、さらに従来のブリッジの様に、健全な歯を削る必要がないので、一旦インプラントを装着した後は、痛みや違和感を伴わずに、歯本来の機能を保つことができます。

骨とインプラントが定着するまで約2ヶ月~6ヶ月間待たなければいけません。通院回数は約5~6回になります。

当院では、世界で最も古くから多く使われているノーベルバイオケア社のブローネマルクインプラントを使用しております。

ブローネマルクインプラントとは

ブローネマルクインプラント

ブローネマルクインプラントとは、スウェーデンのイエテボリ大学 ブローネマルク教授が開発したインプラントシステムで、世界50ヶ国以上、200万人以上の患者さまの治療に使われている世界シェアトップのインプラントシステムです。

このインプラントシステムは他のインプラントに比べ、最も臨床実績が長く、最も高い信頼性を誇るインプラントシステムと言われております。


インプラント 治療メニュー

ページトップへ

本橋歯科医院・もとはし矯正歯科 吉祥寺口腔インプラントセンター
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-36-2
TEL:0422-21-0651 吉祥寺駅 徒歩5分


Copyright © 本橋歯科医院・もとはし矯正歯科 吉祥寺口腔インプラントセンター. All Rights Reserved.